【プチプラが凄い!】30代で使いたいBBクリームのススメ。

プチプラ 30代 BBクリーム

BBクリームはいつの間にか主流となり、忙しい朝に戦う女性の強い味方のコスメの仲間入りを果たしましたよね。

そんなBBクリームも年齢や肌悩みによって選ぶものを変える必要があります。

30代の肌はティーン世代と比べると肌の悩みも増え、いつの間にか隠す化粧がメインになっていることに気付いたりもします。

ここでは30代に的を絞り、プチプラで買えるBBクリームにはどんな種類があるのかをチェックしていきます。

30代の肌に合うプチプラのBBクリームとは

スキンケアだけではなくコスメ用品も年齢に合ったものを使うことで、年齢肌に見せない若々しい肌作りをすることができます。

30代の肌悩みとしてよくあげられるものは、乾燥、小じわ、シミ、毛穴といったものです。

これらの肌悩みはスキンケアで解消していくことも大事ですが、解消できない部分をコスメでうまくカバーすることも大事となります。

BBクリームは一つで何役もこなす優れた作用を持つものなので、気に入って愛用しているという方は多いでしょう。

忙しい朝にもパパっと塗れるので重宝しているという方もいますよね。

BBクリームはブランドによって付け心地も違えば、カバー力や伸びや香りが違うという部分もありますよね。

30代の肌悩みに適したプチプラで買えるBBクリームを見つつ、どんな点に注意して選ぶのが良いのかもあわせて見ていきましょう。

ポイント1:フレッシェル BBクリーム スキンケアBBクリームEX濃厚保湿

“大人のすっぴん美肌”がキーとなっているフレッシェルのBBクリーム。

化粧水の後に使うだけで、美容液、乳液、クリーム、日焼け止め、化粧下地の5つの行程がこれ1本で終了します。

30代におすすめの理由は濃厚保湿という部分であり、保湿成分としてコエンザイムQ10、Wコラーゲン、ナイアシン、キウイエキス、アプリコットエキス、ヒアルロン酸、Aリポ酸BEが配合されています。

フレッシェルのBBクリームには保湿、濃厚保湿、UV美白の3つのタイプがありますが、濃厚保湿が一番カバー力があり、小じわやシミをしっかりとカバーしてくれるといった点でも30代にオススメと言えます。

肌悩みをしっかりとカバーしつつ、なめらかで伸びが良い点で人気があり口コミ評価も高い商品です。

価格は1500円とプチプラで、保湿力を重視したいという方に向いているBBクリームです。

ポイント2:フェルム エッセンスBBクリームUV

濃いシミやくすみをカバーする、高カバーBBとして知られるフェルムのBBクリーム。

人気の色味は“自然な肌色02”です。

カバー力もさることながら、SPF45、PA+++と紫外線防止効果も高い数値のため紫外線から肌を守る効果にも優れているBBクリームです。

肌馴染みがよく適度なツヤ感があるため、肌を均一に見せつつ肌のハリを感じることができます。

価格は1080円とプチプラなので、毎日のメイクに躊躇することなくたっぷりと使うことができますよね。

ポイント3:レシピスト おしろい要らずのBBクリーム

資生堂から販売されているレシピストは幅広い世代に人気がありプチプラとしても知られるブランドです。

対象となるのは比較的若い世代なのですが、軽い付け心地が好きな方やべたつきが苦手という30代にもおすすめしたいBBクリームです。

スキンケアをした後にレシピストのBBクリームをのせると、まるでおしろいをまとったかのようなさらっとした付け心地を感じることができます。

カバー力のあるBBクリームはどうしても付け心地が重く感じてしまったり、見た目にも塗ってます!という感じが前面にでてしまうものもありますよね。

レシピストのBBクリームはどちらかというと軽い付け心地となるので、特にカバーしたいシミなどには別途コンシーラーなどをあわせて使用するのも良いかもしれません。

素肌に近い感触を維持しながら毛穴やテカリをカバーしたいという30代に向いているBBクリームであり、価格も880円とプチプラです。

あなたの肌悩みは?

BBクリームにはカバー力の高いものや、保湿力の高いもの、薄付きで軽いものまで様々なものが販売されています。

30代だからと言って全ての30代が求めているのがカバー力とは限らず、薄付きとも限りません。

大事なのは自分の肌悩みは何なのか?ということです。

カバーしたい分があるのならカバー力を重視し、UVケアをしたいのなら紫外線防止効果の高いものを重視するなど、自分の肌悩みに合わせたBBクリームを選ぶようにしましょう。

BBクリームを購入する前に、自分と同じ肌悩みを持つ方がどんなBBクリームを使用しているのかを口コミなどで探って購入するのもおすすめです。

今回ご紹介した3つのBBクリームはそれぞれ高保湿、高カバー、さらっとした付け心地など売りになる部分が異なります。

自分に合うBBクリームを見つけて、脱年齢肌ケアをしていきたいものですね。