【要チェック】30代にオススメのプチプラ化粧水はこれだ!

プチプラ 30代 化粧水

年齢と共に肌の状態は変化をしていくものです。

見た目にはわからなくても10代と20代、20代と30代では肌の状態が異なります。

そこで今回は30代にオススメしたいプチプラで買える化粧水をご紹介していきます。

プチプラ化粧水が30代にオススメの理由とは?

プチプラ化粧水の価格と共にご紹介していきます。

30代にオススメのプチプラ化粧水はこれだ!

プチプラは今や若年層のみならず大人の世代にも人気がありますよね。

特にSNSを中心として口コミで広がるプチプラコスメやスキンケアの勢いは凄まじく、紹介されると瞬く間に店頭から品切れ状態になるなんてことも珍しくはありません。

今回はそんなプチプラで買える化粧水に焦点をあてると共に、30代という年齢にふさわしい化粧水をいくつかご紹介したいと思います。

30代は肌が揺らぎやすく、エイジングケアをした方が良いのかな?という新たな悩みが出てくる頃でもあります。

“30代になったから化粧水を変えてみよう”という変化を求める方も多いため、30代の化粧水は自分の肌悩みに適したものを使用する必要があります。

乾燥が気になる、シミやシワが気になる、それぞれの肌悩みに適した化粧水はどんなものがあるのでしょうか。

気軽に買えるプチプラで30代にふさわしい化粧水があるのか気になるところ。

プチプラの化粧水だと“多少失敗しても良いから試しに買ってみようかな”という気軽な気持ちで手に取れるというメリットがあります。

仕事帰りや買い物のついでにも立ち寄りやすく手に入りやすい、そんなプチプラの化粧水をご紹介します。

チェック1:ファンケル アクティブコンディショニングEX化粧液

混合肌や乾燥肌、普通肌にも対応できる化粧液。

美容成分をすみずみまで巡らせて気になる年齢サインにアプローチをすることができます。

注目成分のアクティブセラミドや、独自開発の適応型コラーゲン、角層ダメージをケアするバイオグリコーゲンなどにより、うるおってふっくらとしたハリのある肌を実現させることができます。

価格は1836円とプチプラ!

さっぱりとしっとりタイプがあり、好みの使用感のものを選ぶことができます。

チェック2:オルビスユー

30代からの初めてのエイジングケアとして人気のあるオルビスユー。

乾燥や毛穴、くすみやハリ不足といった肌悩みに作用するオルビスユーの化粧水は3ヵ月分で3024円となっています。

30代になってエイジングケアが気になっているけれど、どれを選んだら良いのかわからないという方の入門編として使用してもらいたい化粧水でもあります。

エイジングケア商品というと高価なイメージを持つ方もいるかと思いますが、エイジングケアでこの価格ならプチプラと言えるでしょう。

オルビスユーの化粧水は独自の高保湿成分“濃密ウォータージェリー”や肌悩みに徹底的に作用する“HSP含有酵母エキス”により一人ひとり違った肌悩みのケアをするという優れた成分が配合されています。

チェック3:無印良品 化粧水 敏感肌用 高保湿タイプ

全ての肌悩みに共通する鍵は保湿能力といっても過言ではありません。

そのため30代が抱え込みやすい肌悩みを解決するにはまずたっぷりと保湿をすることが重要となります。

無印良品の化粧水はいくつかの種類が販売されていますが、なかでも30代におすすめしたいのは高保湿タイプの化粧水です。

大容量であっても価格は1190円とプチプラなので、試しに買ってみようかな!ということがしやすい価格と言えるでしょう。

またこの化粧水は無香料、無着色、無鉱物油、弱酸性、パラベンフリー、アルコールフリーといった肌に優しい処方になっているため敏感肌の方でも試しやすいのも嬉しいポイント。

無印に立ち寄った際はぜひチェックを。

安くても良いものはたくさんある!

30代になると高価な化粧水やコスメを使う必要があるのかな?と考えている方も少なくないでしょう。

しかし毎日使う化粧水やコスメの出費は馬鹿にならないですよね。

少しでも出費を抑えるためにもプチプラでも良い商品がたくさんあることを知り、重要なのは高価かどうかではなく自分の肌悩みに適しているものなのか?という部分に焦点をあてて選ぶことをおすすめします。

安くても良い化粧水はたくさん存在しています。

自分の肌悩みは何なのかを明確にして、プチプラの化粧水を選んでみてはいかがでしょうか。